株式会社パブリック・マネジメント・コンサルティング

株式会社パブリック・マネジメント・コンサルティング

03-6456-4660 会員専用ページ メールでお問い合わせ

新地方公会計<実務上の諸問題>出版記念特別セミナー

(2011年10月4日)

日本は今、年金、国債に加えてあらたに3つ目の財政問題として、資産更新の問題が急浮上しています。これは地方にとっても大きな財政課題となっています。新地方公会計制度のポイントは財務書類の複式簿記化とその活用にあります。基準モデルを中心に公会計改革に協力する会計人の会がサポートしている複式簿記モデルでは、固定資産台帳整備が大きな成果となり、資産・債務改革~公共事業改革に役立てられようとしております。新地方公会計制度に基く財務書類は単なる「財政の報告書」から「財政改革実現に向けての重要な羅針盤」として、その発展がますます期待されています。
 今回のセミナーでは、現在の地方公共団体が直面している財政問題の本質をしっかり把握すると共に、その解決の方向性を探ることを主題としています。その為に、全国の活用事例から実務上の諸問題に至るまでをより具体的にレポートします。
財務書類を「単に作る」段階は終わりました。これからは「実務に活かし成果を出す」ことが求められます。本セミナーは、みなさまにとって必ずや有益なものになると確信しておりますので是非ご参加ください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
◆ 日時: 平成23年10月4日(火) 13:00(開演)~17:00
                 (12:30開場)
◆ 場所: 財団法人 都道府県会館 401会議室   
     〒102-0093東京都千代田区平河町2-6-3
◆ セミナー内容:
「固定資産台帳と公会計」 総務省自治財政局財務調査課
課長 横山 忠弘 氏
   
「資産管理を目指して 公会計の活用について」 公会計改革に協力する会計人の会 
公認会計士・税理士 淺田 隆治
 
「総務省研究会の報告」 総務省「今後の新地方公会計の推進に関する研究会」委員
公認会計士・税理士 菅原 正明
 
「実務上の諸問題 固定資産台帳整備の資産評価」 税理士法人東京総合事務所 
佐藤 昭博

「実務上の諸問題【 固定資産台帳整備の留意点 】」    辻・本郷税理士法人 
藤田 公俊
 
◆ 参加費用: 無料
◆ 定員: 先着80名様
◆受付は終了いたしました。

≪グループ会社≫
≪関連団体≫